地震対策

地震対策として2000年建築基準法改正、2006年改正耐震改修促進法に基づき最新の耐震施工を行っています。さらに建築基準法の耐震施工に3種類の対策を付加しています。
その1(摩擦減振パッキン熊本地震に絶大な効果を発揮した摩擦減振パッキンを施工しています。その減震摩擦パッキンんの2段ブレーキ構造が300~800galの加速度を減振させます。
その2(耐震金物による補強土台、土台と柱、柱と梁桁、筋かいあらゆる箇所の接合部を強固に結束する為の耐震金物を各所に設置します。
その3(床面剛床構造直下型地震の揺れ対策、水平面の強度を強めます。

耐震・・・その1 摩擦減振パッキン

耐震・・・その2 耐震金物

耐震金物

耐震・・・その3 剛床工法

剛床工法